ピンボール ニューヨーク

パワハラ・セクハラ等で訴えられた会社の経営者・人事担当者の方へ。

ハラスメントを巡る紛争は近年増加傾向にありますが,その中には,会社が不当・過剰な請求を受けるケースも含まれています。そこで,会社がパワハラやセクハラにより請求を受けたり,訴えられたりした場合には,事案に応じた適切な対処が求められます。
また,ハラスメント被害の申告に適切に対応して紛争を予防することも,会社の危機管理上重要といえるでしょう。

当サイトでは,会社側の立場から,ハラスメント問題に関する紛争の対処法・予防法を弁護士が解説しています。
当サイトの記事が,ハラスメント問題の適切な解決の一助となれば幸いです。

弁護士を代理人として【内容証明郵便】が届いたり,裁判所から【訴状】が届いたりした場合。請求を鵜呑みにせずに,事案に応じた適切な対応が必要です。

【紛争対応】の詳細はこちら
【紛争対応】の詳細はこちら

社員から請求を受ける前にハラスメント被害を認知した場合,どのように対処すべきか。紛争予防の基本的な流れと注意点をまとめています。

【紛争予防】の詳細はこちら
【紛争予防】の詳細はこちら

ハラスメント問題に対応するために弁護士に相談をお考えの方へ。相談をより有意義にするためのポイントを解説しています。

法律相談のポイントはこちら
法律相談のポイントはこちら

法律相談のご予約について

お電話のみの法律相談は一切承っておりません。
ご相談をご希望の方は,
こちらからご予約をお取り下さい。

詳細はこちら
PAGE TOP
ピナクルインターカジノミスティーノwooカジノwooカジノ