クレジットカード現金化の本人確認不要に関する画像

クレジットカード現金化を利用する時「本人確認」ってありますよね?

 

この本人確認の方法ですが、身分証の掲示と電話での受け答えがあります。この2点が必要なことで以下のように感じる人もいるのではないでしょうか?

「個人情報が悪用されないか不安。どうしても身分証の掲示は必要なの?」
「電話での本人確認って不要じゃない?ただの勧誘目的じゃないの?」

本人確認といっても、知らない相手に情報を渡すの怖いし「出来るなら本人確認不要にできないか?」と思いますよね。

 

結論から申し上げると、クレジットカード現金化をする上で身分証の掲示と電話受け答え本人確認は必要となります。

 

ですが、ただ「必要」と言われても疑惑だけが残り納得できませんよね!

 

こちらでは、クレジットカード現金化をする上で本人確認が必要な理由をご紹介します。

 

この記事を読み終わる頃にはその疑惑も晴れるよう納得の行く解説を致しますので、よろしければご覧ください。

 

 

クレジットカード現金化は本人確認不要ではできない

クレジットカード現金化の本人確認は不要にできるのかに関する画像

クレジットカード現金化で本人確認が必要な理由は安全に配慮している面もあるので、利用者も知っておく必要があります。

 

なぜなら、中には「本人確認不要」という業者があり、こう言った業者を選ぶことで何らかの被害に遭う危険もあるからです!

 

被害に遭ってからでは遅いので、今スグ本人確認の必要性を理解しておきましょうね。

 

本人確認に必要な「身分証の掲示」と「電話受け答え」にわけてご紹介させて頂きますので早速見ていきましょう!

 

  • 本人確認のために身分証の掲示が必須!
  • 電話で本人確認をする理由とは?
    •  

      クレジットカード現金化の本人確認は身分証の掲示が必須!

      クレジットカード現金化の本人確認で必要な身分証掲示に関する画像

      クレジットカード現金化では身分証の掲示が必要になりますが、以下の情報を業者へ送ります。

       

      • 顔写真付き身分証の表面
      • 顔写真付き身分証の裏面
      • 身分証と自分の顔を一緒に撮る

       

      この3つの写真を現金化業者に送る必要があります。その目的は以下の2点です。

       

      • 古物営業法に基づき、身分証の掲示が必要になる
      • クレジットカードの不正利用を防ぐ

       

      「古物営業法って?不正利用?一体どうなってるの?」と思うでしょう。これから1つずその目的を解説させて頂きます。

       

      古物営業法で身分証の掲示が必要になる

      クレジットカード現金化では「古物営業法」という法律に基づいててサービスを提供しています。

       

      古物営業法は盗品の流通防止と流通されたときの被害の早期回復を目的としており、取引を行う上で身分証の掲示を定めているのです。

       

      古物とは以下の物品が対象となります。

       

      • 一度使用された物品
      • 新品でも使用のために取引された物品
      • これらのものに幾分の手入れをした物品

       

      では、この古物営業法とクレジットカード現金化はどのような関連があるのでしょうか?

       

      クレジットカード現金化と古物営業法の関連性とは?

      クレジットカード現金化はキャッシュバック方式と商品買取方式の2つの方法から現金を入手できます。

       

      この商品買取方式は以下の方法で現金が手に入ります。

      • 業者が指定した商品を利用者がカードで購入
      • その後、商品を業者に買い取ってもらい現金が手に入る

       

      クレジットカード現金化の詳しい仕組みは【クレジットカード現金化のキャッシュバック方式と商品買取り方式とは?】も参考にしてみください。

       

      商品は一度利用者が購入しているので「中古品」となります。

       

      業者はその商品を買取して転売するので、中古品を取り扱う業者として古物営業法に基づきサービスを提供する必要があるのです。

       

      ということは、身分証の掲示を求めてこない業者法律を守っていないことになりますよね?

       

      そもそも、そのような業者はクレジットカード現金化業者でなく、詐欺目的で業者を偽っている可能性があるのです!

       

      具体的に申し上げると、現金が振り込まれることなく全額騙しとられる危険があるということです。

       

      法律を遵守しない業者は明らかに怪しいとしか言えないでしょう。

       

      しかし「キャッシュバック方式の場合、商品を購入したキャッシュバック特典として現金が手に入るから関係ないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

       

      確かに、古物営業法に該当しないかもしれませんが、クレジットカードの不正利用を防ぐためには必要になるのです!

       

      身分証の掲示はクレジットカードの不正利用を防ぐ

      身分証の掲示が必要な理由は「クレジットカードの不正利用を防ぐ」ためでもあります。

       

      クレジットカード現金化をする利用者の中には、他人のカードを悪用して現金を手に入れようとする悪質者もいるのです。

       

      そのため、顔写真付きの身分証と共に顔写真も送り、「本当に本人であるのか?」を確認しています。

       

      もし、身分証の確認が必要なくなれば詐欺被害は続出すると思いませんか?クレジットカード現金化自体も崩壊するかも知れません。

       

      そのため、被害を最大限に阻止しようと本人確認を徹底しているのです。

       

      逆に、身分証の掲示が必要ない業者があるなら被害に遭う人の配慮が全くできていない業者ではないでしょうか?

       

      真っ当なクレジットカード現金化業者であれば犯罪に手を貸したいと思わないでしょう。

       

      クレジットカード現金化で本人確認のために電話する理由とは?

      クレジットカード現金化の本人確認で電話する理由に関する画像

      クレジットカード現金化では、原則身分証の掲示以外にも電話での本人確認を行います。

       

      「身分証の掲示で本人確認できるでしょ?結局勧誘目的じゃないの?」と皆さんの心の声が聞こえてくるようです。

       

      確かに身分証で本人確認はできます。しかし、より強固に本人確認をするためには電話での受け答えが必要になるのです。

       

      もし他人のカードを悪用している利用者がいたとしたら、メールだけのやり取りだとつまずくような質問をされてもいくらでも応用できますよね?

       

      しかし、電話での本人確認の場合はタイムリーに返答しないといけないので、ボロがでるかも知れません。

       

      そのため、しっかりと電話で「本人か?」確認をする必要があるのです。

       

      ただし、電話での本人確認は新規の利用時だけ!2回目以降であれば電話なしで利用できることが多いのです。

       

      そもそも初回で利用する時は「どうやってするんだろう?」等の様々な疑問が出てくると思います。

       

      良い業者では電話の受け答えの際に相談まで親身に対応してくれます。また、見積もりもしてくれる業者もあるので、この機会はむしろありがたいですよね。

       

      これが、もしメールだったらと考えてください。電話のようにタイムリーな連絡は難しいので、急ぎの際はわずらわしく感じるでしょうね。

       

      是非電話での本人確認の場を有効活用してくださいね。

       

      クレジットカード現金化の本人確認の総評

      クレジットカード現金化の本人確認の総評に関する画像

      クレジットカード現金化の本人確認の必要性についてご紹介しました。

       

      クレジットカード現金化の本人確認は法律に基づいて行われていること、詐欺被害を阻止するために必要なことだとお分かり頂けたでしょうか?

       

      本人確認を不要とする業者に魅力を感じ利用すると被害に遭う危険もあるので、安易に業者を選定してはいけません。

       

      クレジットカード現金化では本人確認をしっかり行う業者こそ違法行為に厳しい優良店と言えるので、覚えておきましょう。