現金化業者の即日入金事情|セーフティーサポートは合格ライン?

現金化業者の即日入金事情|セーフティーサポートは合格ライン?

 

お金が無い!今すぐ欲しい!

 

という方にオススメのクレジットカード現金化!
なんと今なら、翌日には現金がお手元に!!

 

という広告をしている現金化業者を利用したいと思う方は何人いるでしょうか?

 

今ではすっかりクレジットカード現金化業者の即日入金は当たり前のものと思われてしまっています。
その為どの現金化業者をみても「即日入金」というアピールの仕方よりも「最短5分」などというように最短の入金時間で自社の入金スピードをアピールしている方が強いのではないでしょうか?

 

そこで即日入金を当たり前としている現金化事情の中で、セーフティーサポートの入金速度はどのくらいのレベルなのかを調査してみたいと思います。

 

すぐに手元に現金が届いてこそのクレジットカード現金化ですからね。
入金までの時間を調査するのは換金率を調査するよりも重要の物事と言えるでしょう。

 

一般的な入金時間は?

一般的な入金時間は?

 

良し悪しを決める前に、まずは現金化業界の中でどのくらいの入金速度が優良のラインなのかを確認しておきましょう。

 

現金化業界での平均時間は大体1時間となっています。
思いの他守備範囲の広い平均と思う方もいるかもしれませんが、これには現金化業者のサービスの仕組みに答えがありました。

 

入金時間は利用者の協力で大幅に縮まる?

 

現金化業者の入金時間には現金化業者だけではどうしても早くする限界があるようです。

 

まずは入金までの手順をご説明いたします。

 

  1. 申し込み
  2. 折り返しの電話
  3. 本人確認・希望額確認
  4. 換金率確定
  5. 業者が電話を切る
  6. カードの決済
  7. 利用者へ振込み連絡
  8. 入金

 

入金完了まではこのようになります。
ここでどの様に利用者が協力しなければいけないのかをご説明いたします。

 

折り返しの電話には出ように

 

もしも申し込みのあと現金化業者からの折り返し電話に出られなかった場合、当然ではありますが一度手続きがストップした状態になります。

 

その後、掛け直したとしても現金化業者も他の現金化利用者の対応に追われている事が多く電話が繋がらない場合があります。
そうなると申し込みがストップしている分だけ時間はどんどん過ぎていってしまいます。

 

15時以降入金対応が可能な現金化業者なら問題ありませんが、15時以降の入金が非対応、もしくは15時以降の入金に対応した口座を持っていなかった場合、即日現金化も困難になってしまうのは言うまでもありません。

 

その為、現金化業者の対応はどうしても遅れてしまいます。
ここをいかにスムーズに済ませるかが入金時間に大きく関わってくるのです。

 

新規の利用者は本人確認・個人情報の登録も必要になってくるのでリピーターよりも時間はかかってしまいます。

 

今現在、現金化業界での平均入金時間は1時間前後と言われています。

 

セーフティーサポートの入金時間はスピーディー?

セーフティーサポートの入金時間はスピーディー?

 

では肝心のセーフティーサポートの入金時間ですが調査をした結果入金時間は30分〜1時間というように言われていました。
この入金時間は先程お伝えした現金化業界の平均入金時間以内、という結果となっているのでセーフティーサポートは入金速度の速い現金化業者という事が言えます。

 

更に15時以降の入金も可能なので15時以降も入金可能の口座をお持ちの方は、即日現金化はほとんどの確立で可能と言う事が分ります。

 

入金速度は申し分ないセーフティーサポートですが、肝心の換金率はどうなのでしょうか?
気になる方は換金率についても調査してありますので下のボタンから詳細記事へどうぞ。

 

セーフティサポートの換金率